産後うつ病

産後うつ病は精神的に不安定になった時にかかりやすい

 

妊娠や出産そして産後の女性の体も不安定で、女性ホルモンのバランスが
狂いがちな時です。

 

妊娠した女性が精神的に不安定になって、妊娠を待ち望んでいたにも
かかわらず、マタニティーブルーになったり、産後うつ病になって苦しむ
女性がいますが、これらの多くは女性ホルモンのバランスの崩れが
影響していることが多いです。

 

妊娠した時の悪阻もホルモンのバランスが崩れたことが原因でなる
ことも多く、悪阻の酷かった友人は「まるでトイレの住人だった」と
笑っていましたが、それほど吐き気が酷くてトイレから離れられなかったそうです。

 

最近の女性は妊娠や出産を期に精神的に不安定になって、凶暴化する
女性もいるとか。これは現代に増加している新たな問題点として
注目されています。

 

男性のDVは直ぐに問題になりますが、女性が暴力を振るっても多くは
問題になりません。男性が必死に耐えているケースが多いですが、
女性ホルモンのバランスが影響しているとはいえ、そんなことは理由になりません。

 

産後うつ病の原因は実際にホルモンの数値が精神状態に影響するとも
言われていますが、それを理由に甘えないで、しっかりパートナーと
協力して妊娠出産を乗り切る覚悟が必要となります。

 

女性ホルモンのバランスが悪くて妊娠できない女性もますし、生理が不順だった
人も妊娠しにくいといいます。

 

基礎体温を付けたり、ホルモンバランスの薬を処方してもらって治療を続ける
のですが、ホルモンの薬は比較的効きやすく、ホルモンバランスの治療で妊娠
した人もいます。

 

しかし、どこにも異常がなくても妊娠できない人もいますから、生命の誕生
ばかりは神のみぞ知るということなのだと思います。

 

 

 

 

 
女性ホルモンを増やす方法 HOME 女性ホルモン 食べ物 女性ホルモンを増やすサプリ エストロゲンの作用