女性ホルモン 生活習慣

ホルモンバランスのリスクを下げる生活習慣

 

女性ホルモンの分泌が少なくなると、ホルモンのバランスが
崩れて体調不良を起こしたり、生理時に月経痛が酷かったり、
極度に重い更年期に見舞われてしまいます。

 

しかし、女性ホルモンを良い状態に保つ生活習慣という
ものがあるのです。

 

ホルモンバランスのリスクを下げる生活習慣とは

 

「1、上手にストレスを解消する」
「2、1日三食きちんと食べて、できるだけ決めた時間に食べるようにする」
「3、ストレスを解消のために体の疲れを解消するためにも
 ゆっくりお風呂に入ってリラックスする。 できれば半身浴で20分以上入る」
「4、適度な運動を心掛ける」
「5、インスタント食品やジャンクフードはできるだけ避けて、手作りの食事にする」
「6、充分な睡眠を取る」などを心掛けてください。

 

ちなみに、冷えも女性ホルモンのバランスに影響を与えますから
冷えにも注意してください。

 

このような健康的な生活を送ることで、ホルモンの分泌を促して
ホルモンのバランスが崩れて体調不良を防ぐばかりでなく、
体調が良くなった結果、髪の毛にハリやコシが出てきたり、
潤いのある綺麗な肌が期待できます。

 

健康食品やサプリメントにも女性ホルモンを増やすのに効果的なものも
販売されていますから、どうしもホルモンバランスが悪くて体調不良など
から脱却できなかったら、サプリメントなどで補うのもお勧めです。

 

女性の一生にずっと付いて回り、影響を受けるのが女性ホルモンです。
生活習慣を正し、女性ホルモンと上手にコントロールして、
健康な毎日を過ごすことをお勧めします。

 

 

 

 

 
女性ホルモンを増やす方法 HOME 女性ホルモン 食べ物 女性ホルモンを増やすサプリ エストロゲンの作用