成長ホルモン 分泌

食事で成長ホルモンを促すコツは、胃をカラにしてから食べること

 

成長ホルモンを上手に分泌させるのにはコツがあります。
まず、第一に食事の取り方です。

 

必ずおなかを空かせてから食べるのが鉄則!

 

胃の中がカラになっているときに食事によって胃壁が
刺激を受けると、グレリンという成長ホルモン促進
ペプチドがでます。この物質が脳下垂体を刺激して
成長ホルモンが分泌されます。

 

つまり、しっかりと空腹を感じてから食べると、成長
ホルモンが出るわけです。

 

小腹がすいたとちょこちょことおやつをつまんだり
ダラダラ食いしていては成長ホルモンは十分に分泌
しないので、極力避けるようにしましょう。

 

また、食べる物の内容も重要です。
良質のタンパク質であるアミノ酸は、成長ホルモンの
材料になります。逆に炭水化物、糖分を摂りすぎると
その分タンパク質が十分に摂取できず、成長ホルモンが
抑制されてしまう事になるのです。

 

アミノ酸はタンパク質の一種。様々な
種類のアミノ酸があるので、魚、肉、豆類、乳製品など
を偏らずにバランス良く食べるのがベターです。

 

現代では、コラーゲンやプラサンタなど効率的に必須アミノ酸
を補充できるものもありますのでそれらを活用するのも
効果が出やすいでしょう。

 

 

成長ホルモンを分泌させる睡眠

 

理想は12時前に就寝、メラトニンを分泌するために
部屋は真っ暗に

 

成長ホルモンは1日のうちに数回にわけて分泌されます。
そのきっかけとなる食事、運動、睡眠のなかで最も多量に
成長ホルモンの分泌を促すのが「睡眠中」です。

 

特に寝入りばなの30分から1時間くらいの間に訪れる
ノンレム睡眠(深い睡眠)中の成長ホルモンの分泌量は
1日のうちでも最大のピークを描きます。

 

ただし、眠り方によって成長ホルモンを理想的に分泌
させるにも、ちょっとしたポイントがあるのです。

 

成長ホルモン分泌に大切な睡眠時間とは

 

個人の睡眠時間はそれぞれ差がありますが平均として
6時間から8時間は必要です。

 

レム~ノンレム睡眠のリズムは約1時間半が1サイクル
なので、4サイクルで6時間。5サイクルで7時間半から
8時間となります。

 

ですから理想となるのは5サイクル。最低でも4サイクルは
とる必要があります。逆に、6サイクルでは多すぎて
リズムが崩れてしますので、これにも注意してください。

 

もう一つ、成長ホルモンの睡眠には時間帯も重要です。
成長ホルモンの最も出やすい時間帯が、眠りの深い
午前1時から3時ごろにかけて。従って夜12時前には
眠りにつくのがベストと言われています。

 

仕事などで早寝早起きができない人はどうしたらいいの?

 

理想の睡眠時間帯がとれない方はずれてしまっても
構わないので、毎日なるべく規則正しい時間に睡眠を
とりましょう。

 

よくありがちなのが、寝る前にスマートフォンや
パソコンを見てしまい、つい夜ふかしをしていまう
パターンです。

 

成長ホルモン分泌のための睡眠には「規則性」が非常に
重要です。できるだけ上記のようなクセはなおすべき
でしょう。

 

さらに睡眠と関係するホルモンにメラトニンがあります。
メラトニンは「天然の睡眠薬」と呼ばれ
睡眠と覚醒のサイクルを制御する働きがあります。
質の良い睡眠には欠かせません。

 

メラトニンは暗いところで分泌され、少しでも目の網膜が
光を感じると止まってしまいます。ですからメラトニンをたくさん
分泌させるには部屋を真っ暗にして眠る事が大切です。

 

また、メラトニンもアミノ酸からできており、特に野菜類
に含まれます。なので寝る前に青汁などの健康食品や
サプリメントを服用するとよく眠れるという方もいるようです。

 

 

 

>>美魔女が若々しい秘密!即効で女性ホルモンを増やすサプリ<<

 

 

 

 

 
女性ホルモンを増やす方法 HOME 女性ホルモン 食べ物 女性ホルモンを増やすサプリ エストロゲンの作用