プロラクチン

プロラクチンが高い病気「高プロラクチン血症」とは

 

プロラクチンは、乳汁分泌ホルモンとも呼ばれ、脳の下垂体で
乳汁の生産に関わっているホルモンで、妊娠や出産に関係しています。

 

乳腺の発達を促したり、乳汁を分泌させる働きをします。
働きが成長ホルモンによく似ています。プロラクチンが関係している
病気に「高プロラクチン血症」という病気がありますが、これは
プロラクチンの過剰分泌が原因で起こる病気とも言われていますが、
大多数は原因不明ではっきり解明されていないことがおおいです。

 

不妊の原因のうちでも比較的多い病気で、乳漏症(にゅうろうしょう)
や排卵障害、不妊の原因にもなります。

 

結婚して1年過ぎても妊娠しなかった女性が、心配になって産婦人科を
受診したらプロラクチンが高い「高プロラクチン血症」と診断されました。

 

パーロデルの服用と不妊治療とを同時にはじめたのですが、
処方されたパーロデルは飲むと吐き気がして飲めなかったのですが、
それでもまもなく妊娠したそうです。

 

また、この病気のうちでも、「潜在性高プロラクチン血症」と診断された
女性がいますが、この女性の場合は睡眠時とか、強いストレスが加わった時
などに異常にプロラクチン値が上がり、そのため、排卵までが異常に
長くなっていたそうです。

 

薬で潜在性高プロラクチン血症を抑えて排卵を安定させたそうです。

 

それでもなんとか妊娠することが出来、当初、プロラクチンが高く
自然に第二子を妊娠するのは難しいと医師に言われていたのにも
かかわらず、自然に第二子を妊娠することが出来たそうです。

 

ちなみに流産は母体のせいだけではなく、受精した瞬間によるものが
大きいといいます。なので、一度流産したからと言って、次も流産の可能性
が大きいかもしれないと心配しないようにしてください。

 

 

卵胞刺激ホルモン(FSH)について

卵胞刺激ホルモン(FSH)は脳の下垂体で働き、エストロゲンと、
プロゲステロンの女性ホルモンの分泌を促すほか
卵胞の成長を促進させています。

 

男性の場合は、この卵胞刺激ホルモンが睾丸に働き男性ホルモンの分泌を
促進させます。

 

卵胞刺激ホルモンの検査は、「性腺機能不全」や「月経異常」「不妊症」
の検査には必須の検査です

 

検査の結果でホルモン療法に入るのですが、女性ホルモンだけでなく、
ホルモンのコントロールはとても難しく、処方する量には苦労するといいます。

 

ホルモンをサプリや薬で沢山摂りすぎると脳が「ホルモンが充分足りている」
と勝手に勘違いをしてしまい、ホルモンを作らなくなってしまうといいます。

 

プエラリアやイソフラボンなども市販されていて簡単に手に入りますが、
飲む量はしっかり説明書に従って適切な量で飲むことをお勧めします。

 

卵胞刺激ホルモン(FSH)が不足しているなどでバランスが崩れると、
正常な排卵ができません。そのため、排卵が難しい人とか無排卵の人に、
排卵誘発剤でホルモンの働きを補う治療をします。

 

排卵誘発剤の種類には、内服薬では、「シクロフェニル製剤:主に軽度の無月経
の人の治療に使用」「クロミフェン製剤:比較的排卵誘発効果が高い」など
の内服薬が使われます。

 

また、注射薬には「hMG製剤」「FSH製剤」などがあります。

 

不妊治療を経験した多くの女性が言うことなのですが、子供を欲しいと
強く思うとどういうわけかなかなか妊娠しないといいます。

 

それを聞いて思い出したのですが、昔から子供が好きな人ほど
なかなか生まれないと言われていました。なぜなのでしょうかね。

 

 

 


 
女性ホルモンを増やす方法 HOME 女性ホルモン 食べ物 女性ホルモンを増やすサプリ エストロゲンの作用