プロゲステロン 作用

プロゲステロンの作用は妊娠時、受精卵が着床しやすい状態に

 

女性ホルモンには2つの種類がありますが、
プロゲステロン(黄体ホルモン)はそのうちのひとつで、
正真正銘の女性ホルモンです。

 

そのため、女性の体特有の働きをしてくれています。
女性の体は毎月の生理で排卵を繰り返していますが、排卵した卵胞が
黄体化することで黄体ホルモンが分泌されます。これによって
受精卵が着床しやすい状態になります。

 

また、妊娠後の赤ちゃんは胎盤で子宮と繫がっていますが、
その胎盤からもプログステロン(黄体ホルモン)が分泌されています。
言い換えれば、プロゲステロンが不足したり、充分にはたらかないと
女性の体は妊娠しにくくなってしまうのです。

 

女性ホルモンのもう一つのエストロゲンは、皮下脂肪を作り出す働き
をしたりコラーゲンを生成する働きを助けるなどをしますから、
美肌をつくってくれますから「美肌ホルモン」とも呼ばれています。

 

それに対して、このプロゲステロンの女性ホルモンは、排卵や月経前に
多く分泌されるホルモンで、これも女性の体が妊娠するためには
大事な働きをしてくれています。

 

そして、エストロゲンと同じくお肌に潤いを与えたり、女性の美肌にも
貢献しています。ただ、その一方で、プロゲステロンは、
メラニンの生成を促す働きもして、肌にシミができたり水分を溜め込むので
むくみやほてりといった症状を起こさせる働きもします。

 

月経前の肌荒れとか、体のむくみ、ニキビなどを作りやすくするのも
プロゲステロンの良い働きの影の悪い働きです。

 

そのため、口の悪い人からは、「ブストロゲン」「ブスホルモン」などと呼ばれたり
すると聞きました。^^;

 

しかし、プロゲステロンは、月経周期を決めて、妊娠や出産などに
大きな役割を果たしてくれる、女性の体にはなくてはならない
大事なホルモンです。

 

 

 

 

>>美魔女が若々しい秘密!即効で女性ホルモンを増やすサプリ<<

 

 

 

 
女性ホルモンを増やす方法 HOME 女性ホルモン 食べ物 女性ホルモンを増やすサプリ エストロゲンの作用