若年性更年期 症状

若年性更年期障害の症状と原因について

 

ホルモンのアンバランスが原因で起こる症状に「若年性更年期」
というのがあります。

 

更年期障害が表れる年代については人それぞれで、一般的には更年期障害で
苦しむのは50歳前後の人が多いようです。

 

しかし、この若年性更年期は、20代~30代に増加しているといいます。

 

若年性更年期障害とは俗称で、正式名は卵巣機能低下症といいます。
その名前の通り、卵巣機能の低下から、女性ホルモンの分泌量が減ってくる
ために起こり、決して卵巣機能が老化したということではありません。

 

栄養不足が原因で卵巣への血液供給が滞って起こるとも考えられています
から、やはりきちんとした食事というのは大切です。

 

若年期更年期で見られる症状は、生理が不順になり、また、生理かどうか
分からない出血があるなどの症状が出ます。体の不快な症状としては、
イライラするとか、気分が落ち込むとか、冷え性になるとか、頭痛、めまい、
食欲不振他様々な症状が出ます。

 

なぜ卵巣機能するのか。その原因としては、強いストレスが続いたり、
無理なダイエットや冷え他喫煙などがあります。

 

また、うつ病などで抗うつ薬の薬を飲んでいると副作用で卵巣機能を
低下させるものもあるといいます。更年期と同じような不快感を伴うのは、
女性ホルモン(この場合はエストロゲン)の量が少なくなるからだと
いわれています。

 

エストロゲンの減少は、体のあちこちで不安定な症状を起こします。
若年性更年期障害の症状予防としては、気分転換のために運動をしたり、趣味で
気を紛らわすほか、下半身を冷やさないなどに気を付けてください。

 

そして、バランスの良い食事を規則正しく摂ることなどが大切ですが
最近ではサプリメントやドリンク剤も増えていますので
若い年代の方はそれを活用してみるのもいいでしょう。

 

 

 

 

 
女性ホルモンを増やす方法 HOME 女性ホルモン 食べ物 女性ホルモンを増やすサプリ エストロゲンの作用