女性ホルモン 治療 副作用

女性ホルモン治療薬は副作用があることを理解する

 

女性ホルモンのバランスが崩れた時、医師からホルモン剤が
処方されますが、このホルモン治療の薬は、処方箋通りに
飲んでいてもなかなか難しいものがあります。

 

ときには女性ホルモン治療薬の副作用が強すぎて、日常生活が
ままならなくなってしまう人もいます。

 

中には副作用で飲み始めてからどんどん太っていき、2ヵ月で
5k太ったという人もいます。今までどおりの食事量にもかかわらずです。

 

女性ホルモン治療に使われる薬は非常に副作用が強いので、
基本的に医師はホルモン療法は避けたいと考えます。
その為、クリニックによってはあまりホルモン剤を処方しません。

 

世の中には薬漬けにする医者が多い中、薬に頼りすぎない治療を
心がける医師は信頼に値するといえます。

 

 

 

女性ホルモンの治療で副作用がでる人とは

 

ホルモンは、人間が生きていく上で欠かせない大切な物質です。
それを薬で無理に調整しようとするのですから、
女性ホルモン治療薬で副作用が酷くなる人は、
量というより体質が合わないと考えるべきです。

 

体質が合わない人は、慣れるまでに時間がかかるようですが、
3週間目にやっと慣れてきたという人もいます。

 

ちなみに、女性ホルモンの薬なのですから、どうしても太りがち
になるのは仕方がないようです。

 

出来れば、運動をしたり、食事内容を見直したりなどをして、食生活を
変えてみるとか、健康になる方法をあれこれ試してみることをお勧めします。

 

具合が悪いとホルモン療法や治療薬に頼りたくなるのも無理が
ありませんが、そのため酷い副作用の辛さで悩むくらいなら、
飲まないで耐えた方が体のためには遥かに良いと言えます。

 

なので、医師から処方されて副作用があまり強い時は、医師に
しっかり相談をしてみるのも必要です。

 

 
女性ホルモンを増やす方法 HOME 女性ホルモン 食べ物 女性ホルモンを増やすサプリ エストロゲンの作用