女性ホルモンを増やす方法

女性ホルモンを増やす方法│あなたはの悩みはなんですか?

 

 

肌のツヤがなくなった
乾燥肌がとまらない
シワやたるみが目立つ
太りやすくなってきた
抜け毛がひどい

 

あらゆる不調が手を替え品を替え
押し寄せてきているかもしれません。

 

 

気持ちはまだまだ若いつもりでも、
この様な症状は、誰しも必ずやってくるものです。

 

しかし誰もが逃れられないものであれば、
女性ホルモンを増やす方法を知っているのと、
いないのでは大きな差がでるのは事実です。

 

ネガティブにとらえず、今の状態を自分を見つめ直す
きっかけにし、自分なりのケア方法や乗り越え方を
身につけると、これからの人生がきっと楽しくなります。

 

 

 

医学の進歩で見えてきた!女性ホルモンの種明かし

 

女性ホルモンには大きく2つのものが存在していることは
知られています。

 

しかしそれぞれが持っている役割まで把握している方は
まだまだ少ないようです。

 

女性ホルモンは「女性らしさ」を司る
卵胞ホルモン(エストロゲン)と
子供を産み子孫を残す黄体ホルモン(プロゲステロン)
とが存在します。

 

女性ホルモンが影響するタイプは2つ

 

まず、20代~30代の女性はこの2つのホルモンバランスの乱れ
によって、ニキビ、肌荒れなどのトラブル
起こりやすいといえます。

 

一方40代の女性は加齢によるエストロゲンの減少にによって
「女性らしさ」が激減することにより
肌の潤いを保つ力や、細胞を生まれ変わらせる能力が
薄くなり、様々な問題が発生してくるのです。

 

 

ズバリ!女性ホルモンを増やす最短の方法

 

世間には女性ホルモンを増やす為に効果的な
医薬品やサプリメント、はたまた、おすすめの食べ物
などが山のように存在しますが、
それらの効果の活かし方
知らないままだと、宝の持ち腐れとなってしまいます。

 

女性ホルモンを増やすためには大きなポイントがあります。

 

卵巣の働きと月経の周期の関係

 

女性の身体にある「卵巣」は排卵をするだけでなく
女性ホルモンの分泌を行う、重要な機関です。

 

女性の生涯の中で「月経のサイクル」と呼ばれるものがあり
あなたがそのどの時期に当たるかによって
最も効果的なアプローチの仕方が決定します。

 

初潮の開始~正成熟期
日本人女性の月経が始まる時期は平均で11歳ごろの
思春期からだと言われます。

 

それから25歳で最もピークを迎え、30歳からは
緩やかに降下していきます。

 

この間の女性ホルモンは
主に生理周期や外的ストレスによって、卵巣の働きが
崩れる「ホルモンバランスの乱れ」が起こりやすいと言えます。

 

したがって、効果的な改善方法は
・ストレスを解消する生活改善
・生理周期に合わせたコラーゲン・ヒアルロン酸
・抗酸化ドリンクなど
 不足するものを直接補給する方法が最も効果がでます。

 

 

 

性成熟期後半~更年期

 

早い方で30代後半から遅い人でも45歳ごろから
卵巣の働きが極端に低下します。閉経がはじまるのも
この時期です。

 

その為、肌の表面でなく、内臓や神経機能にまで
影響は及び、若い頃の対処療法では改善できません。

 

この時期には卵巣に直接働きかけ、
エストロゲンを増やすケア方法が必要となってきます。

 

 

>>美魔女が若々しい秘密!即効で女性ホルモンを増やすサプリ<<

 

 

 

 
女性ホルモンを増やす方法 HOME 女性ホルモン 食べ物 女性ホルモンを増やすサプリ エストロゲンの作用